薬学生の皆様へ

実習生の声

実習終了時にいただいた感想より抜粋してご紹介します。

(Cさん 2016年実習)

私が実習で一番学んだことは、服薬指導の仕方である。実習前はその難しさを認識しておらず、誰でもすぐできるものだと考えてた。ところが服薬指導は薬の説明だけではなく、患者さんとの対話の中で服薬状況を確認することが重要だとわかった。経験を積んだ薬剤師さんの服薬指導は言葉がすらすら出てきて、患者さんが納得して帰って行かれるのがわかった。

 

また、そよかぜ薬局は薬剤師さんの人数も多く、それぞれの方が工夫していることを学ぶことができた。実習できた服薬指導件数もちょうど良くて、うまくできなかったと思われたことは、すぐ反省をして次の服薬指導に生かすことができた。

 

実習で得たコミュニケーション技術を自分のものにできるよう、さらなる経験を積んで、患者さんから信頼される薬剤師になりたいと思う。

(Dさん 2016年実習)

実習では調剤や監査、服薬指導といった事項から、在宅医療、後発品の評価・選定、災害実習、健康サポート薬局など多岐にわたって学ぶことができた。
薬局まつりで患者様や地域の方々との対話の中で、食事や運動など薬学的治療以外の健康維持・増進に関するポイントを学べたことは大きな収穫だった。

 

保険請求業務はほぼ初めての学習で、これを学んだことで、保健医療制度という違った観点から薬局を見ることができた。これまであまり関心が持てなかった調剤報酬改訂にも興味をもつようになった。

 

実習を通して、これまで勉強したことがいかに身についていないか痛感した。薬の向こうには患者様がいることを常に意識していきたい。  

(A君 2012年実習)

業務や薬剤師の姿勢等を見ていくうちに、調剤薬局は、自分が思っていたものと異なり、副作用や医薬品の情報検討、患者の情報の管理やその情報の把握、病院との連携等をきちんと行っており自分が就職の選択として調剤薬局を考えるという割合が大きくなりました。実習の様子

 

薬歴からの患者の病態の推測、服薬指導において患者から引き出す情報やそれについての生活指導法や対処法まで具体例を用いてのシミュレーションや実際の投薬等を行い、ただ薬情を読むだけの投薬ではなく、コミュニケーションの必要性を理解したうえでの投薬を行うといった事を意識できるようになったのは他の薬局での実習生と比べてよくできるようになったのではないかと思います。

(Bさん 2012年実習)

練習で何度もシミュレーションはやっていたが、投薬するのが実際の患者さんということもあり緊張して最初は頭が真っ白になった。何度か投薬をするうちに慣れてきて、患者さんから情報を聞き出すことができるようになってきたので嬉しかった。自分が普段使っている専門用語を患者さんにわかりやすい言葉や表現で説明する言葉の言い回しを学ぶことができた。処方された薬と用法・用量だけでなく、コンプライアンスや効き目、副作用に関する情報収集、対処法の提案の重要さを知ることができ、患者さんに近い存在であることが分かった。

 

調剤だけでなく、地域における薬剤師の役割について知ることができ、在宅医療では在宅訪問に行くことという経験ができた。在宅医療が増えてきていて関心があったので実際に行って服薬指導できたので良かったと思う。

 

ジェネリック薬の選定をやってみて、それぞれのメーカーの考え方や情報の提供の仕方が違うことがわかり、表に出ている情報だけでなく、分からないところまでMRさんから聞くことができて良い経験ができた。どのようにジェネリック薬を採用するのかがわかった。また、メーカーの勉強会に何度か参加することができて難しい時もあったが学ぶことも多かった。新薬採用についても安全性の面等が考えられているということを知ることができた。

 

最初は、わからないことばかりで不安だったが、十一週間で多くのことが学べた。

ページの先頭へ戻る