活動内容

薬事委員会

徳島県連薬事委員会の活動内容は、医薬品の新規採用、使用医薬品の検討・整理・変更・中止、副作用情報、医薬品をめぐる情勢、管理・医療整備、経営にかかわる諸問題など多岐にわたります。
メンバーは、医師、薬剤師、看護師、事務(外来、病棟)で構成され、徳島健生病院内に設置されています。とくしま健康サポートからは、薬剤師2名がオブザーバー参加しています。県連薬事委員会の元には、薬剤評価委員会、副作用委員会を設け、新規医薬品薬等の評価を行っています。

民医連における薬事委員会の任務について

(1)疾病治療に用いる医薬品の役割と医薬品価格による経済的な課題を評価すること

そのためには、医薬品の採用について有効性・安全性・経済性を吟味し、事業所の採用医薬品数の適正化を常にはかること。利益相反についての対策もすすめること。

(2)医師・薬剤師・看護師などのチーム医療の中で医薬品を評価

チーム医療の中で医薬品を評価し、医薬品情報を医療チームの場に発信し共有化していくこと。

(3)たたかう薬事委員会の視点で、医薬品問題をつかむ

「薬害を自らの事業所で生み出さない」、「同じ副作用を同じ患者に起こさない」、「副作用被害のコントロールと副作用救済制度の活用」、「高納入価格を是正する」などの取り組みをすすめること。

薬事委員会活動や医薬品評価での重要な視点

薬には、「生命関連物質としての役割」と「製薬企業の利益追求のための道具としての役割」と、2つの側面があります。薬の商品としての側面が薬の真の価値、情報を歪めることがあるのです。真に安全で有効な薬物療法の為に薬事委員会は必要なのです。

とくしま健康サポートでは

ジェネリック医薬品を積極的にすすめています

徳島民医連の各事業所では、以前から患者様の負担を減らすために積極的に後発品を使用してきました。それに加えて、とくしま健康サポートの各薬局では、薬 品毎にジェネリック医薬品のデータをチェックし四国事業協と協力して推奨薬を決定し、県連薬事委員会の承認を得て患者さまにお勧めをしています。そのため ほとんどの薬局でジェネリック医薬品調剤率が35%を超えています。先発品とジェネリック医薬品の薬価はかなり違う医薬品もありますので、患者様のお薬代 もかなり差が出てきます。しかし、安ければいいのではなく、薬物動態、品質、飲みやすさ、薬の名称のまぎらわしさなど、十分な検討を踏まえて推奨するジェ ネリック医薬品を選択しています。


 お薬ができるのを待つ親子連れ

 

ページの先頭へ戻る