活動内容

いのちと平和を守る運動

民医連として取り組んでいる活動

憲法9条を守る取り組み

わたしたちは、人類の生命と健康を破壊する一切の戦争政策に反対し、核兵器をなくし、平和と環境を守ることを、綱領に掲げています。
毎月9日には、戦争放棄と武力の不保持をうたった憲法9条を守ろうと呼びかけています。

国保をよくする会

徳 島市の国民保険料は、全国の県庁所在地で一番高いことをご存知ですか。あまりに高額で払いたくても払えない人々がたくさんいます。保険証がないため必要な 医療がうけられず、手遅れになってしまう事例もでています。わたしたちは、国保料を引き下げるよう、市長や市議会に訴えました。運動が実り、2012年度 には7%の引き下げを実現しました。徳島市の国保財政は12億円の黒字です(2011年度)。保険料のさらなる引き下げを求めて現在も活動を続けていま す。

東日本大震災・原発問題への取り組み

2011年3月に起きた東日本大震災への支援活動を積極的に行っています。発生翌日には、医薬品等を携え現地に向かいました。その後も、医師・看護師・事務職員が続々と現地支援に入りました。また、残った職員・組合員も義援金や食料等を集めるなど力を合わせました。
福島原発事故の被災者の健康調査や、一時受け入れなどにも取り組んでいます。
また、すべての原発の再稼働に反対しています。

TPP問題

TPPは、例外を認めない完全な貿易自由化を目指した交渉です。TPPに参加すると、混合診療の解禁・医療への株式会社の参入・薬価高騰などが懸念されるなど医療分野にも大きな影響があります。
国民皆保険制度を守り、国民がすべて平等により良い医療を受けることのできる仕組みをくずしてはなりません。

とくしま健康サポートでは

社保平和委員会

情勢の学習や、各薬局での運動の取り組みについて話し合っています。

無料低額医療・健康づくり委員会

ページの先頭へ戻る